fc2ブログ

なんとなく点数表 白


Aerie Mystics / 高層の神秘家 8点
環境に除去が少ないとはいえ被覆は強力。サイズもぎりぎりライン

Asha's Favor / アーシャの好意 6点
あまり入れたくはない、というかこれが入るレベルになるとやばい

Aven Squire / エイヴンの従者 7.5点
今までほしかったのになかった2マナフライヤーの賛美。超ほしい

Aven Trailblazer / エイヴンの先駆者 7点
3色以上だとなかなかのスペック

Celestial Purge / 天界の粛清 5点
メインから入るカードではない。サイド後は腐肉団などでアドバンテージをとられなくなる美味しいカード

Court Homunculus / 宮廷のホムンクルス 6点
1マナ2/2は決して悪くないのだがナカティルというモンスターがいる以上どうしても見劣りする

Darklit Gargoyle / 闇光りのガーゴイル 7.5点
ナイスフライヤー 賛美がつくとパワーが大きく膨れるのもポイント

Gleam of Resistance / 抵抗の微光 7点
基本土地サイクリングであるだけですでに価値がある。強化は印章がある以上ほとんど使うこともないだろう

Lapse of Certainty / 確実性の欠落 6点
白ラプス テンポは取れる・・・が・・・

Mark of Asylum / 避難所の印 5.5点
フタをあけるまでなんともいえないが後ろ向きな能力なので低く評価した。

Martial Coup / 軍部政変 10点
何も言うことはない。撃てば勝てる。

Mirror-Sigil Sergeant / 鏡印章の兵長 8.5点
このサイズが大量にでてくるだけで恐ろしい。出せば勝てる・・・といいたいが単体除去でささるものがあるので・・・

Nacatl Hunt-Pride / ナカティルの狩り群れ 7.5点
かなり優秀。

Paragon of the Amesha / アミーシャの模範 7.5点
多色サポートが多めに入れば+1点

Path to Exile / 流刑への道 8点
アドバンテージをとられるがそれでもやっぱりSTP亜種は強い

Rhox Meditant / ロウクスの瞑黙者 6.5点
サイズが残念

Scepter of Dominance / 威圧の王笏 8点
タッパー

Sigil of the Empty Throne / 空位の玉座の印章 3点
語るまでもない

Valiant Guard / 雄々しい守備兵 1点
存在価値がない

Wall of Reverence / 崇敬の壁 9点
やばい、まじやばい、この壁ほんとやばい。これ出てるだけで相手は攻められない。

スポンサーサイト



ブースタードラフトへの誘い④

この記事はMOのクラン「A Piece Of Future」のメンバー向けに書いている(つもりの)記事です。
ネット上にはもっといいドラフト入門が転がってるぞゴルァ!
とかレベルが低くて役にたたねえぞゴルァ!とかいう苦情は許してちょんまげ


さて、今回は公式のブースタードラフトシミュレータを使用して実際にピックをします。
URLはこちらです。
http://www.wizards.com/Magic/TCG/Resources.aspx?x=mtg/tcg/resources/boosterdraftsimulator
このシミュレーターは
我らがPomBone様が4回も(笑)プレイしてくださったおかげで毎回同じパックになることが確認されています
大事なことなので2回言いました。

パック1
1手目  超優良除去の火炎放射以外特に高額レアも取るべきものもないパック。
2手目  優良除去の本質の吸収とヴェクの聖騎士がある。除去をピック。
3手目  残酷な布告とファイレクシアの憤怒鬼が選択の範囲か?ファイレクシアの憤怒鬼をピック
4手目  ファイレクシアの憤怒鬼とグレイブディガーくらい。ここはグレイブディガーをピック
5手目  優良生物護民官の道探しをピック
6手目  幽霊の管理人をピック
7手目  フェメレフの射手をピック
8手目  アイケイシアの僧侶をピック
9手目  ここまできてスクイーが残っているのでさすがにピック
10手目 ゴブリンの空襲部隊をピック
11手目 ヴィーアシーノの砂漠の斥候をピック
12手目 邪悪な力をピック
13手目 木の壁をピック

・・・ここまで書いておいてアレだが非常にめんどくさくなった。最後に出るピック譜をのっけることにする。
Round 1:
Cone of Flame
Essence Drain
Phyrexian Rager
Gravedigger
Civic Wayfinder
Ghost Warden
Femeref Archers
Icatian Priest
Squee, Goblin Nabob
Goblin Sky Raider
Viashino Sandscout
Unholy Strength
Wall of Wood
Coat of Arms
Island


Round 2:
Prodigal Pyromancer
Essence Drain
Arcane Teachings
Lightning Elemental
Lava Axe
Battlefield Forge
Squee, Goblin Nabob
Festering Goblin
Unholy Strength
Contaminated Bond
Dragon's Claw
Natural Spring
Natural Spring
Ornithopter
Island


Round 3:
Nekrataal
Mass of Ghouls
Scathe Zombies
Looming Shade
Terror
Lava Axe
Vampire Bats
Underworld Dreams
Goblin Piker
March of the Machines
Scion of the Wild
Warrior's Honor
Rule of Law
Natural Spring
Forest

このようになった。
さて、完成したデッキはこちら

土地
森4枚
沼9枚
山6枚

1マナ
吸血コウモリ
2マナ
ゴブリンの長槍使い
恐怖
3マナ
ファイレクシアの憤怒鬼
放蕩紅蓮術師
ゴブリンの太守スクイー
護民官の道探し
フェメレフの射手
スケイズゾンビ
立ちはだかる影
ゴブリンの空襲部隊
秘儀の教示
4マナ
グレイブディガー
稲妻の精霊
ネクラタル
5マナ
グールの大群
溶岩の斧x2
本質の吸収x2
火炎放射


はい、いきなりここまでで書いてきたものと異なる生物の枚数のデッキができました。
「おいこらtararannてめえ何ぶっこいてんだ!」と思われるでしょうが素でデッキに除去が6枚、秘儀の教示を加えれば7枚と除去祭りになってるので1勝はできるかな?というラインでは収まっています。
正直恐怖が終盤で流れてくるなどかなり首をかしげたくなることも多かったのでまあこんなものかな、と思っています。

さあ、みんなでドラフトをしようか^^

ブースタードラフトへの誘い②

この記事はMOのクラン「A Piece Of Future」のメンバー向けに書いている(つもりの)記事です。
ネット上にはもっといいドラフト入門が転がってるぞゴルァ!
とかレベルが低くて役にたたねえぞゴルァ!とかいう苦情は許してちょんまげ


Ⅳ.何がピックする価値の高いカードなの?
ドラフトでは十分な数の本体ダメージカードや、コンボパーツを集めることはほぼ不可能なため
自ずとクリーチャーでの殴りあいが主体になります。
つまりまずは主役である、クリーチャーを重要視するべきです。
枚数は好みにもよりますが一般的には15~17枚くらいがよいとされています。
私もこの意見には異論はあまりありません。これより少ない場合は相手のクリーチャーをとめることができずに殴り殺されたり、逆に多すぎると相手の除去やコンバットトリックに対応できず楽々アドバンテージを奪われる、といったことを経験しているためです。
(注:必ずこれだけのクリーチャーが必要というわけではない、あくまで一般論です。いつの大会だったかは失念したがプロプレイヤーでクリーチャーが12枚か13枚でGPだったかPTだったかで優勝した人物もいたはず。)
ではどんなクリーチャーをピックすればいいのか?
これまたそこら中で紹介されているようなことの焼き直しになるのですが、まずは基本サイズについて説明します。

3マナクリーチャーのパワー/タフネスってどれくらいの数字が多いですか?
ブラッドロックサイクロプスは3/3、雲の精霊は2/3、立ちはだかる影は1/1、放蕩紅蓮術士も1/1・・・一方で隠された恐怖は4/4です。
また、10thには収録されていないカードですが訓練されたアーモドン、という3/3のクリーチャーがあります。
さて、結論から入りますと
3マナ2/2バニラ(何の能力も持っていないクリーチャー)が基本サイズです。
ではそれぞれのカードを基本サイズと比較して見ましょう。

・ブラッドロックサイクロプス
基準以上のパワー/タフネスを持つが代償として毎ターン攻撃に参加しなければならない。
この毎ターン攻撃に参加しないといけない、という部分をデメリットと感じるか、感じないか・・・
デメリットではないと感じたならばこのカードはコストに対してよりよい仕事する優秀なクリーチャーというわけです。

・雲の精霊
基準以上のサイズを持つ上飛行がある、と非常に優秀なカードです。
飛行を持つクリーチャーしかブロックできないものの、そもそも貴重なフライヤーを地上のクリーチャー戦に巻き込むことは少ないのでデメリットは少ないといえます。
優秀なクリーチャーです。

・立ちはだかる影
基準と比べると非常に貧弱なカードです。しかし、黒マナ一つでパンプアップするため黒の濃いデッキを組めば強力です。

・放蕩紅蓮術師
これも基準と比べると貧相なカードですが、タップするだけで1点ダメージを飛ばすことができ、繰り返し使える火力として重宝するカードです。小粒なクリーチャーでありながら価値が高いといえます。

・隠された恐怖
基準と比べると非常にサイズが大きいカードです。デメリットは手札のクリーチャーを1枚失うこと。
このように基準値を大きく超えたカードはアドバンテージを大きく失うデメリットを持つことが多いです。

・訓練されたアーモドン
基準値と比較するとワンサイズ大きいカードです。
緑のクリーチャーはこのアーモドンのように基準値よりサイズが大きいクリーチャーが多くあります。

何がメリットで何がデメリットであるかは能力を見ればわかるので、サイズの大小に対するメリット、デメリットの大きさを自分なりに秤にかけて総合的に上だと思うカードがピックすべきカードです。

一応各コストの基本サイズはこう思っていただいていいと思います。
1マナ 1/1
2マナ 2/1
3マナ 2/2
4マナ 3/3
5マナ 4/4
以下略


さて、ここまででクリーチャーの説明は済みましたが、クリーチャー以外についてはどうでしょうか?
ドラフトでの主体がクリーチャーでの殴りあいであることは前述しています。
つまりクリーチャーの殴り合いに干渉できるカードが強いカードだともいえます。

黒に多く存在するクリーチャー破壊、赤に多く存在する火力、緑に多く存在する巨大化系のカード、白に多く存在するダメージ軽減、平和な心系のエンチャント、レンジストライク(攻撃クリーチャーやブロッククリーチャーのみを対象にする火力)
これらが代表格です。

それ以外のカードは価値がないのか?いやいやそんなことはありません。
1枚でゲームに勝てるカード(踏み荒らしやロクソドンの戦槌が代表格)やデッキを潤滑に回すためのドローカードも出番が多いです。残念ながらドローは少しばかり優先順位が落ちますが。


今回はどんなカードからとればいいのか、という話で終わりにします。
次回はオーソドックスなデッキ構築について書きます。

さて年末だし

年末にあわせたネタでもはっておきますよっと
プロフィール

tararann

Author:tararann
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード